夏のスキンケアで注意すること?!季節で変わるスキンケア

スキンケア

こんにちは、毎日美肌ケア頑張っていますか?
肌美人屋ブログ担当のアイリーです。

春から夏にかけては、日に日に強い日差しが増して、お肌にとっても厳しさが増していきますが、そんな厳しい環境に負けない美肌を守っていくには、普段から正しいスキンケアを行うことが大切ですよ。

今回は、「夏のスキンケアで注意すること」について紹介していきます。
春から秋にかけては紫外線も強いのですが、特に夏は肌を露出する機会も多くなるので、スキンケアにも特別な注意が必要になります。

ぜひこれを読んで、厳しい夏の環境からあなたの美肌を守ってください。

夏に多いお肌のトラブル?

季節によって、さまざまなお肌のトラブルや悩みが発生してしまいますよね。
特に夏は日差しも強く、暑さによる止まらない汗や室内ではエヤコンの冷風による乾燥、お肌を守りきれないほどの紫外線などと、お肌にとっては刺激的な環境がいっぱいです。

夏はお肌に厳しい季節ですが、しっかりケアをして美肌を保持していきましょう。

夏の美肌づくりは汗対策が大切

 

夏は、汗が止まらないほどの暑い日が続きます。
汗は、体温を下げて体調を維持する働きや、お肌を潤してくれる大切なも。
しかし美肌を保つためには、しっかりと汗対策をすることが大切です。

汗対策をしないと、

  • ベタつき
  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • 乾燥

このように、お肌にとって必要以上の汗を放っておくと、このような肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

暑い夏に汗をかくのは、どうしようもないことですが、汗をかいて放置しておくとお肌に良くない影響を与えてしまいます。
汗が、お肌に与える影響と対策について紹介していきましょう。

汗がお肌に与える影響

  1. かいた汗をそのままにしておくと、お肌が汗の水分を吸収してフヤケてしまう。(お風呂に長く入った後の指のような感じ)
    必要以上に水分を吸収した角質層は、ちょっとしたことで傷ついたり、剥がれやすい状態になります。
    そうなると、手でこすったり掻いたりするだけで傷ついてしまい、肌荒れや肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。
    ひどいときには、炎症を起こしてお肌がボロボロになってしまうことも…。
  2. かいた汗が蒸発するときにお肌の潤いも一緒に奪われ、お肌が乾燥してしまう。
    汗が蒸発すると、お肌の水分の蒸発を防ぐために、皮脂の分泌が過剰になり、お肌がベタつきやすく。
    皮脂の過剰分泌は、ニキビや吹き出物、あせもなど、肌トラブルの原因になります。水分が蒸発して潤いがなくなったお肌は、肌荒れ毛穴の黒ずみや開き皮脂の過剰分泌乾燥肌などさらなる肌トラブルの原因を引き起こしてしまいます。
  3. 汗をかいてそのまま放っておくと、化粧品の保湿成分と汗がくっついて、化粧品の油脂と汗が混じってメイクが崩れてしまうということになってしまいます。

このように、かいた汗をそのまま放っておくと、さまざまなお肌のトラブルにつながってしまいます。
さらに、夏の時期に水分のないお肌になってしまうと、空気の乾燥がはじまる秋口にかけて、肌乾燥や大人ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます

汗が原因の肌トラブルを防ぐには、汗をかいたあとのこまめなお手入れが大切です。

美肌ための汗対策

  1. かいた汗はやさしく吸い取る
    汗をかいてそのまま放っておくと、角質層が水分を吸収してふやけてしまいます。
    これを防ぐために、汗をかいたら、なるべく早く拭き取るよにしましょう。
    汗を拭くときの注意点としては、
    強く抑えたり、こすったりしないで、やさしく吸い取るようにする。
    必要以上に水分を吸収した角質層は、とても傷つきやすいので注意が必要です。
  2. 汗を吸収させない
    健康なお肌には、潤いが逃げるのを防ぐために、自らの皮脂膜を作る機能を持っています。
    この皮脂膜のおかげで、汗がお肌にたまらずに流れてくれるのです。
    しかし、汗でふやけてしまった角質層は、皮脂膜を作る機能が低下するので、汗がたまりやすいお肌に…。
    汗をかいたときには、皮脂膜を作る機能の低下を補うために、油分のあるクリームなどでしっかりとお肌のバリアを作るようにしましょう。
  3. 潤いが紫外線からお肌を守る
    汗が蒸発すると、お肌お潤いも蒸発してしまいます。
    そんなお肌が紫外線があたると、大きなダメージを受けてしまい、日焼けやシミなどの原因になることも…。
    汗を拭き取った後には、化粧水などで軽く水分補給をするのも効果的です。
    暑い夏には、お肌への水分補給も忘れずに行うようにしましょう。

汗は健康を維持していくために大切なものですが、お肌に対してはさまざまな悪い影響を与えてしまうこともあります。
美肌を守るには、しっかりと汗対策をすることが大事です。

夏にこそ保湿ケアが大切

汗対策の項でもお話しましたが、夏にこそ保湿ケアに注意しなければいけません。

インナードライ肌

夏は、湿度も高く肌がベタつきやすいこともあり、お肌お保湿は不要と思っている方も多いようですが、それは間違いです。
汗とともにお肌の水分が流れ出て、インナードライ肌の状態になってしまいます。
(※インナードライ肌:肌の内側は乾燥しているのに外側は皮脂でベタついてしまっている状態)

インナードライ肌では、これ以上水分が逃げ出さないように皮脂が分泌するのですが、この皮脂をお肌のテカリと思ってしまい取り除いてしまうと、ますます皮脂の分泌を促進してしまうので注意が必要です。
また、エアコンの冷房などもお肌お乾燥を加速させてしまいます。

 

インナードライ肌の特徴

  • 潤っているように見えるけど、ツッパリ感がある
  • TゾーンとUゾーンのお肌のキメや感触が違う
  • Tゾーンは皮脂が気になるのに目元はシワが気になる
  • 午前中は潤っているのに、夕方になると頬の乾きを感じる

このようなことが気になったら「インナードライ肌かも知れません?」ので要注意!

インナードライにおすすめのスキンケア

インナードライ肌のスキンケアでは次のようなことに注意が必要です。

化粧水で潤い補給をしたら満タンチェック
化粧水を付けたら、手の甲で軽く押してみて水分が十分に足りているか確認しましょう。吸いつく感じがあれば大丈夫です。

 

 

 

ブースターオイル使用で潤い効果倍増
スキンケアのときにブースターオイルを活用して潤い補給をサポートしましょう。でも、多くつけすぎるとお肌の負担になって潤いの浸透の邪魔になることも…。ベタつかない程度の量で使いましょう。

 

角質層のキメを整える美容液
角質層のキメを整えることで、潤いが浸透しやすくなることがあります。なので、キメを整える成分が配合されている美容液を使用してみることをおすすめします。

 

日中の簡単乾燥ケア
日中のお肌の乾燥ケアには、ワンプッシュスプレータイプの化粧水を利用して、こまめにケアすることも大切です。バッグやオフィスに常備してあると便利です。

 

 

夏はお肌にとっても過酷といえる季節です。
キレイなお肌を保つには、身体の水分補給だけでなく、お肌お水分補給もしっかり行うことが肝心です。

紫外線のダメージからお肌を守る

ギラギラ太陽の夏!

プールや海水浴のレジャーも楽しいですが、紫外線対策をしっかり行っておかないと、後で取り返しのつかないことになってしまいます。

紫外線がお肌に与えるダメージ

紫外線

わたしたちが毎日浴びている太陽の光の中には、さまざまな種類の光があります。
紫外線(UV)はその中の一つで、わたしたちにとってとても大切な働きをしてくれます。
しかし、それとは反対に悪い作用も持っているのです。

紫外線の良い働き
わたしたちの身体の中で重要な働きをしているビタミンDは、紫外線を浴びることで体内で作られる栄養素なのです。

ビタミンDの働きは、

  • カルシウムの吸収をサポート
  • 身体の免疫力をアップ
  • 大腸がんの予防
  • 肝臓や腎臓の働きを良くする

などがあります。

紫外線には殺菌効果などの作用もあって、洗濯物の殺菌やニキビにも効果があるといわれています。

しかし、紫外線を浴びすぎると体に害を及ぼすこともあるのです。

紫外線の悪い作用

私達が毎日浴びている紫外線は、UV-AとUV-BそしてUV-Cという種類に分けることができます。
UV-Cは、地表まではほとんど届かないといわれているので、ここではUV-AとUV-Bがお肌位与えるダメージについて簡単に紹介しておきましょう。

UV- A
UV-Aはお肌にとって、それほど有害ではないといわれています。しかし、長時間浴びた場合はお肌の細胞を傷つけてしまいます。また、UV-Aの特徴として雲や窓ガラスを通過して皮膚の奥まで届くということがあるので、長期間かけてこの紫外線を浴びているシワやたるみなどのお肌の老化を引き起こす原因になります。比較的弱いといわれるUV-Aですが長い時間浴びると日焼けを起こしてしまいます。

UV-B
一方、UV-Bは比較的に強い紫外線なので直接浴びると、短い時間でも日焼けを起こしてしまいます。また、皮膚や目の中の細胞にダメージを与えるので、日差しの強い日にはサングラスをかけたり、皮膚を露出しない、日焼け止めクリームを塗るなどの対策が必要です。

これらのことから、日差しの強い日はもちろんですが、曇の日や家の中にいるときも紫外線対策をする必要があります。

では、怖い紫外線からお肌を守るにはどうしたら良いのでしょうか。

紫外線からお肌を守るスキンケア

紫外線からお肌を守るためには、どういったスキンケアをしたら良いのでしょうか?
お肌にとっての紫外線のダメージは、思っている以上に深刻なものなので、それに対してより以上のケアが大切です。

遮光のスキンケア

紫外線からお肌を守る手段として、遮光があります。
遮光は、紫外線などの太陽光線から皮膚を守るために行うスキンケアです。

日焼け止めクリームを有効に使う
紫外線は、日焼けを起こすだけでなく、皮膚にダメージを与えて、皮膚のバリア機能を低下や乾燥肌など、さまざまな肌トラブルの原因になります。
もともと、乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌の方は、お肌のバリア機能が低下しているので、紫外線のダメージを受けやすい状態になっているので、特に紫外線をシャットアウトするスキンケアが重要です。

「日焼け止めに配合されている紫外線を防ぐ成分」の主なものは紫外線散乱剤紫外線吸収剤の2種類に分けることができます。

  1. 紫外線散乱剤:紫外線を物理的に反射、高屈折率で散乱させる無機化合物で、分子レベルのエネルギー変化が少ないので皮膚に与える影響が少ないといわれれいる
  2. 紫外線吸収剤:紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させる

特に敏感肌の方は、お肌編お負担が少ない紫外線散乱剤のみを使った(紫外線吸収剤不使用)ものを選ぶようにしましょう

さらに、紫外線散乱剤のみを使った日焼け止めの中でも、伸びが良くて、石鹸やお湯でも落とせる、お肌への負担が少ないものを選ぶことをおすすめします。

日焼け止めクリームの正しい使い方

日焼け止めの正しい塗り方ってしっていますか?
夏場だけ日焼け止めを使う方に多い塗り方が、「手のひらにクリームを出して両手ですり合わせてから顔に伸ばしていく」という塗り方です。
この塗り方では、顔の細かい部分に塗り込んだり、ムラなく伸ばしたりすることができません。

正しい塗り方

  1. 手の甲に適量の日焼け止めクリームを出す(真珠1粒くらいが目安)
  2. 左右の頬やおでこ、鼻の上、口の下の5ヶ所に分けてのせる
  3. 指の腹を使って顔のすみずみまで広げていく

さらに、おでこや鼻の上、頬骨など顔の中でも特に日焼けしやすいところは、必ず二度塗りするようにしましょう

このように日焼けで目クリームを塗るときにも注意して塗ることが大切です。

また、首やデコルテも直接紫外線にさらされ、年齢が出やすいところでもあるので、お顔のケアが終わったら必ず日焼け止めクリームを塗って、紫外線対策をするようにしましょう

まとめ

ここまで「夏のスキンケアで注意すること」についてしょうかいしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

毎日のスキンケアはもちろん大事なことですが、夏のスキンケアで特に注意しなければいけないことは、

  • 汗対策
  • 保湿
  • 紫外線対策

についてです。

「まだ若いから大丈夫!」なんて言って、スキンケアを適当にしていると後で大変なことになってしまいますよ。

外で活動するときだけでなく、普段からこれらのことに注意して美肌を保てるようにしてください。

スキンケアの基本については、

スキンケアの基本はお手入れの順番を守ること!

スキンケアの基本「化粧品の役割」とおすすめの化粧品!

をご覧になっってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました