シミを消す方法を知っていますか?できてしまったシミがなかったことになるかも!?

紫外線から肌を守る シミ

こんにちは、毎日美肌ケア頑張っていますか?
肌美人屋ブログ担当のアイリーです。

あなたは「毎日、日焼け止めを塗っているのに、どうしてシミができるんだろう・・・?」って思ったことありませんか?
そうですよね、実際に日焼け止めを塗っているだけでは、シミの元になるメラニンの生成をブロックすることはできないんです。

ここでは、「できてしまったシミがなかったことになるかも知れない!?」というシミを消す方法について紹介します。
ぜひあなたのシミケアの参考にしてくださいね。

シミを消す方法

まずシミを消す方法を紹介する前に、シミができる原因と仕組みについて説明しておきましょう。

シミができる原因と仕組み

シミの元になるのは皮膚内で作られるメラニンですが、なぜメラニンが生成されてしまうのでしょうか
皮膚内でメラニンが作られるのにはいくつかの原因があります。

紫外線や摩擦などの刺激を受けると

紫外線とシミの関係肌が紫外線を浴びると、紫外線のダメージが肌の奥まで達しないように、肌表面の皮膚内でメラノサイトと呼ばれるメラニンを形成する細胞の活動が活発になります。
また紫外線だけでなく、擦れなどの摩擦による刺激でもメラニンが作られてしまいます。

皮膚の奥の方ので作られたメラニンは、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)によって新しく生まれた皮膚細胞とともに皮膚表面まで運ばれ、やがて垢となって皮膚から剥がれ落ち、もとの白い肌に戻ります。

しかし、年齢を重ねることでターンオーバーの周期が遅くなったり、紫外線を浴びすぎたりすると作られたメラニンの排出が間に合わなくなり色素沈着を起こしてしまいシミになるのです。

ホルモンバランスが崩れると

ホルモンバランスの乱れ

女性はシミができやすいといわれるのはなぜでしょう?
それはいくつかのホルモンがメラニン生成やメラニンの拡散に関係するからといわれています。

シミに関係する代表的なホルモンとして挙げられるのが、黄体ホルモン卵胞ホルモンがあります。
どちらもメラニンの生成を促すホルモンで、女性の生理前に分泌量が多くなるホルモンです。
また生理不順や更年期障害などで女性ホルモンのバランスが崩れ、黄体ホルモンや卵胞ホルモンが多くなると、メラニン生成の促進やメラニンの拡散につながり、シミができやすくななります

 

精神的なストレスを抱えると

ストレス

最近の研究では、ストレスがシミを引き起こす原因になるともいわれています。
これは、ストレスから体を守るためのホルモンが過剰生成され、体内のホルモンバランスが乱れてしまうためです。
このホルモンバランスの乱れが、メラノサイトの活動を活性化させてシミの原因が増えるということです。

 

 

 

 

シミを作らせないスキンケア

シミの原因のメラニンが肌に表れるまでには、次の4つの段階があります。

シミができるメカニズム

肌が紫外線を浴びると、活性酸素が発生して「メラニン生成の伝達物質」が作られます。
その情報伝達物質によって指令を受けたチロシナーゼ(メラニンを作る働きをする酵素)が活性化して、メラノサイト(メラニン生成細胞)内で「プレメラニン」というメラニンの一歩手前のものが作られます。
プレメラニンとは、ほとんど無色に近い色素でこの後にシミになる色素になるものです。

シミを増やさないためのスキンケア

シミの元になるメラニンは、擦れなどの摩擦の刺激でも作られます。
そこで、毎日のスキンケアでシミを増やさないためにできることがあるので紹介してましょう。

洗顔は優しく

洗顔

洗顔するときって意外と強くこすってしまうことってないですか?
洗顔で顔をこする刺激が、シミにつながってしまうこともあります。
毎日の洗顔やマッサージで顔の肌に触れるときは、優しいソフトタッチで触ることと時間を短めにすることが大切です。

マスカラやアイラインは専用のクレンジングで

クレンジングいろいろ

落ちにくいマスカラやアイラインは普通のクレンジングでは、ゴシゴシと強くこすらなければなかなか落ちません。
洗顔同様、肌を強くこするとその刺激でメラニン色素が作られる恐れがあります。
目元の皮膚は他の部位に比べるととても薄いので、落ちにくいマスカラやアイラインのクレンジングときは専用のクレンジング剤で、優しく拭き取るようにしましょう

洗顔はぬるま湯で

もう一つシミを増やさないために、毎日のスキンケアでできることがあります。
洗顔は25~30℃のぬるま湯で行うということです。
これは、とても簡単なようですが、実はなかなかやりきれていない人が多いんです。
とくに注意したいのは、温度の高いシャワーでの洗顔です。
熱いお湯はもちろん肌への刺激が強いですし、冷たい水も刺激になります

正しいターンオーバーと肌のバリアー機能

正しいターンオーバー

このプレメラニンがメラニンになるのをブロックすることができれば、シミを防ぐことができます。
紫外線を浴びてプレメラニンが多く発生したとしても、毎日のスキンケアでターンオーバーの働きがしっかりしていれば、メラニン色素を留めることなく皮膚の外へ排出することができます

さらに、紫外線のダメージを受けてしまったときでも、肌のバリア機能と水分の蒸発を防ぐセラミドが正常に働いていれば肌へのダメージが最小限に抑えられます

ハイドロキノンでシミケア

美白に効果的な美容成分にはいろいろなものがありますが、ここでは最近話題になっているハイドロキノンという美白成分について紹介します。

メラニン色素を「なかったことに」

皮膚内で作られたメラニンがうまく排出できないと色素沈着を起こそてシミになってしまいますが、でもそうなる前にシミの原因になるメラニン色素を「もともとなかったことに」できればシミにはなりませんよね。

ハイドロキノンは、紫外線を浴びて濃い黒色になってしまったメラニン色素をもとの色に戻してくれる「還元可能にしてくれる美白成分です
スキンケアだけでは「消すことのできない」シミや色素沈着がある肌を「何もなかった元の肌に」戻すことができます。

シミで悩んでいる人のシミの種類で最も多いタイプは「老人性色素班」です。
呼び方は「老人性色素班」ですが、年齢に関係なく発生するシミです。
また、このシミの約80%は紫外線のダメージが原因だといわれいます。

老人性色素班は、始めは薄い茶色ですが次第に濃くなってはっきりとした黒っぽい色に変わります。
いつものファンデーションを塗っても色が曇っているなどの状態のときは、シミを疑って、紫外線のダメージをリセットできるハイドロキノン配合のスキンケア製品でシミのケアをしてみてはいかがでしょうか。

夏場にシミを作らないためには、「日焼け止めだけで十分」なんて油断しないで、毎日のスキンケアでシミのできにくい健康な肌を作ることが重要です

オカルトではありません!自力でシミを消す方法

ここからは自分の身の回りにあるものでできるシミケアについて紹介しましょう。
そんなの「オカルト」だと思うかも知れませんが、これが実際に効果があるんですよ。

レモンでできたシミが消えるってホント?

レモンシミ消し

ビタミンC
レモンに多く含まれているビタミンCには、シミの原因となるメラニンの生成を抑える作用があります。
また、できたシミを無色化して消してくれる還元作用もあるんです。
しかし、成人女性の美容面で必要なビタミンCの1日の摂取量は1000mgといわれています。
レモン1個に含まれているビタミンCの量がおよそ100mgといわれているので、1000mgというと10個のレモンを摂取することになるので、現実的ではありません。

クエン酸
レモンに含まれるクエン酸には、活性酸素を無力化する抗酸化作用があります。
紫外線を浴びると皮膚内でメラニンの生成を促す活性酸素が多く発生しますが、クエン酸は活性酸素を体の外に排出してくれる働きをします。
このことからも、クエン酸はシミに効果があるといえます。

さらに、クエン酸にはキレート効果という作用があります。
キレート効果というのは吸収されにくい成分を吸収されやすくしたり、体内の有害物質を排出しやすい状態にする働きのことをいい、レモンのクエン酸には体に吸収されにくい鉄分やカルシウムを吸収されやすくする効果があります。

レモンを使った効果的なシミケア

レモンスライス

前に説明したように、レモンを食べたり飲んだりするだけではシミのケアに必要なビタミンCを摂取することはできません。(もちろん摂取しないよりは摂取したほうが良いです)
では、どうやってシミのケアをしたらいいのでしょうか?

レモンパック
レモンでパックするといっても、レモンを直接肌にのせるのはNGです。
抗酸化作用で肌ために良い働きをしてくれるクエン酸ですが、肌に直接触れると肌の角質層を溶かしてしまう可能性があるのです。

やり方
肌に余計な刺激を与えないようにレモンパックする方法を紹介します。
それは、レモン汁にはちみつを混ぜてパックする方法です。

  1. レモン汁(レモン半個分)に、はちみつ(小さじ2)を混ぜたものを顔に塗る
  2. そのまま約20分ほど放置する
  3. ぬるま湯で洗い流す

※アレルギ-の心配がある人は、事前にパッチテストをするか、はちみつの代わりに水を代用するなどの処置をとってください。

レモンを使ったシミ対策で特に注意が必要なこと!

レモンには「ソラレン」といわれる光毒性(ひかりどくせい)があります。
光毒性というのは、直射日光を浴びると紫外線に反応して、肌が炎症を起こしたり色素沈着を起こしたりする性質のことです。
このことから、レモンを食べたりパックなどで肌につけたりした後に紫外線を浴びてしまうと炎症や色素沈着を起こしてしまうことがあるので注意が必要です

ヨーグルトでシミ消しとニキビ改善?

ヨーグルトシミ消し

「エッ、ヨーグルトってニキビの改善に効果があるのよね?!」っていっていませんか?
おっしゃる通り、ヨーグルトはニキビの予防や改善に効果があります。

ヨーグルトにはニキビのほかにも、シミの元になるメラニンの生成に関わるチロシナーゼという酵素の活動を抑える作用もあるといわれています。
これは、ヨーグルトの上の方に溜まっている乳清(ホエイ)と呼ばれる液体の働きによるものです。
乳清にはビタミンやミネラル、アミンさんなどの栄養素がタップリ含まれているので美容にも効果があります。

ヨーグルトパック
ヨーグルトも食べるだけでなくパックをすることでシミのケアをすることができます。

やり方
ヨーグルトパックはパック用に無糖のヨーグルトと小麦粉を混ぜて使います。

  1. ヨーグルト(大さじ1)と小麦粉(大さじ1)を混ぜる
  2. 顔に乗せて伸ばしていく
  3. そのまま5~10分置く
  4. ぬるま湯でしっかり洗い流す

※ヨーグルトパックをする前には必ずメイクを落とすようにしましょう。
また、洗顔をする前にヨーグルトパックをすると毛穴の汚れが柔らかくなるので、毛穴の詰まりを綺麗に落とせます。

玉ねぎが肌の健康を守ってくるえる?

玉ねぎシミ消し

玉ねぎにはイオウビタミンCが含まれているので、肌の健康のために力強い味方になります。
とくに皮膚の再生作用に効果的で、玉ねぎの絞り汁を肌につけるとしわやニキビ、シミの改善に役立ちます。

使用方法

  1. 玉ねぎをすりおろした汁をコットンなどに含ませ、シミがある部分に当てて塗ります
  2. そのまま10分ほど放置する
  3. ぬるま湯で洗い落とします

家庭の万能薬?アロエベラ

アロエベラシミ消し

昔から火傷や胃腸の働き、便秘の改善など、家庭の万能薬として利用されてきたアロエベラ。
最近では美肌効果として注目されています。
ここからはアロエベラの美白効果について紹介しましょう。

日焼けケア
日焼けをした肌は軽い火傷と同じで炎症を起こしているので、それに適したケアをする必要があります。
アロエには、炎症を鎮める抗炎症作用があるほか、保湿効果やターンオーバーを促す働きもしてくれるので、日焼けした肌のケアに最適といえます。
ただし、アロエを日焼けした肌のケアに使う場合は、葉の外側の雑菌による感染症を防ぐため、内部のゼリー状の部分に熱湯かけて消毒してから使用するようにしましょう。

シミケア
アロエにはシミのもとになるメラニンの生成を抑制する働きやメラニンの色素沈着を予防する効果があります。
葉の内部のゼリー状の部分を直接シミの部分に塗り込むか、ミキサーにかけたもの肌に乗せる効果的です
※根本の黄色い液体に触るとかゆくなることがあるので注意してください。

このほかにも、メラニン生成の指令を出す角化細胞に働きかけ、日焼けを防いでくれることについても知られています。

まとめ

ここまで、

  1. シミができる原因と仕組み
  2. シミを作らせないスキンケア
  3. 自力でシミを消す方法

などについて紹介しました。

中でもとくにおすすめしたいのが、シミを作らせないスキンケアの項で、この項を理解して実行していていただければ、より効果的なシミケアをすることができます。

紫外線が強いこの時期、シミを作らせないスキンケアでシミを作らないようにしましょう。

また記事内にも書いてあるように、今あるシミを消すにはハイドロキノン配合のスキンケア製品を使用することもおすすめです。

毎日、正しいスキンケアを実行してシミを作らせない肌を作りましょう。

このページで紹介したハイドロキノンの詳しいことについてはこちらのページで紹介しています。
[surfing_other_article id=”356″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました