美肌を守るためのスキンケア|夏の肌チェックで過酷環境から美肌を守る

ビーチサイドの女性 スキンケア

こんにちは、毎日美肌ケア頑張っていますか?
肌美人屋ブログ担当のアイリーです。

突然ですが、お肌も夏バテするって知っていますか?
夏はお肌にとって過酷な肌環境で、大きなダメージを受けています。
今回のお話は、「美肌を守るためのスキンケアとして、夏の肌チェックで過酷環境から美肌を守る」ということについてです。
これを読んだら、あなたも「お肌の夏バテチェック」してみてくださいね!

過酷な夏の肌環境から美肌を守るスキンケア

オフフィスで仕事をする女性

 

梅雨があけると夏本番!いろいろな楽しイベントが盛りだくさんの季節がやってきますね。
でも、高温多湿で紫外線も強いこの季節は、お肌にとっては過酷な環境です。
そんな過酷な肌環境の中で、あなたのお肌が夏バテしていないかチェックしてみてくだい。
もし肌トラブルの傾向があるようでしたら、対策が必要です。

お肌の夏バテチェック

肌トラブルに悩む女性Aチェック項目Aタイプ

チェックボックス冷房が効いている部屋に長時間いることが多い

チェックボックス洗顔した後に、肌がつっぱる感じがする

チェックボックス小じわが目立ってきた

 

肌トラブルに悩む女性Bチェック項目Bタイプ

チェックボックス最近、顔が脂っぽくなりやすい

チェックボックスニキビができた、あるいはなかなか治らない

チェックボックス毛穴の開きが目立ってきた

 

チェック項目Cタイプ

チェックボックス日中でも、室内にいることが多い日は、UV対策をしない

チェックボックス最近、肌が赤らみがちだ

チェックボックス日焼け止めを塗って外出したのに、顔が火照っている

 

肌トラブルに悩む女性Dチェック項目Dタイプ

チェックボックスいつもより化粧ののりが悪い

チェックボックスよく寝ているのに「寝不足?」とか「疲れてる?」などど聞かれる

チェックボックス夕方になると顔色が冴えない

あなたもチェックしてみましたか?

チェック項目タイプごとの肌トラブル傾向と対策

チェック項目のタイプごとに肌トラブルの傾向があるので紹介します。

Aタイプの項目が多い人

Aタイプにチェックが多い人は、お肌の乾燥による肌トラブルになりやすい傾向にあります。
夏は、汗や湿気でお肌が潤っていると思うかもしれませんが、実際はそれとは逆に、エアコンや紫外線などによってお肌の内部が乾燥しやすくなっています。
これは、「インナードライ」と呼ばれるお肌の状態で、しっかりと潤いを補給するスキンケアとともに、生活習慣を見直すなどの対策が必要です。

対策1.食生活を改善する

インナードライを改善するためには、体の内側から潤いを補給する栄養素を含んだ食品を積極的に食べるといいです
また、脱水作用があるカフェインやアルコールは控える方がいいでしょう。

肌に潤いを与える食材

お肌の潤いを保つために必要な栄養素とその働きについて紹介しましょう。

タンパク質:細胞の原料になる
肉や魚、大豆などに多く含る。

必須脂肪酸(オメガ3系、オメガ6系):肌細胞の細胞膜を作る
オメガ3系はサバやイワシなどの青魚、オメガ6系はコーン油や大豆油などに多く含まれる。

亜鉛:肌や髪の毛、爪などの健康を維持する
牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなどに多く含まれる。

ビタミンA:NMF(天然保湿因子)の生成を促す、皮膚や粘膜の状態を正常に保つ
レバー、うなぎ、緑黄色野菜、卵黄などに多く含まれる。

ビタミンB2、B6:肌の再生を促したり、細胞の原料となるアミノ酸の吸収をサポートする
ビタミンB2は、牛レバーや豚肉、納豆にビタミンB6 は、にんにくやマグロ、鶏レバーなどに多く含まれる。

ビタミンE:肌の血行を促進し、新陳代謝を促す
アーモンドなどのナッツ類、アボガド、イワシ、イクラなどの魚介類に多く含まれる。

対策2.水分補給はこまめに

水分補給

体を内側から潤すためには、食事だけでなく水分補給もしっかり行うことが大切です。
ミネラルウォーターや夏バテ防止効果が期待できる麦茶などがおすすめの飲みものになります。
水分の補給は冷たい飲みものを一気に飲むのではなく、常温に近い温度のものをこまめに飲むことが、体に吸収されやすい飲み方とされています。

対策3.良質な睡眠が大事

夜更かし

夏の夜はなにかと気分が高揚してなかなか寝付けなかったり、週末はついつい夜更かししてしまったりで、睡眠不足だという人も多いのではないでしょうか。
しかし、睡眠不足や睡眠サイクルが乱れるとお肌のバリア機能が低下して潤いが損なわれてしまいます。
お肌の乾燥を防ぐためには良質な睡眠をとるが大事になります。
良質な睡眠を得るには、規則正しい生活習慣をすることが大切で、そのためには就寝の1時間前からスマホやパソコンなどを使用しないことや夕食をなるべく早く済ませる日没後は間接照明にするなどいろいろな対策法があります。

Bタイプの項目が多い人

Bタイプにチェックが多い人は、夏ニキビによる肌トラブルになりやすい傾向にあります。
夏は汗や皮脂の分泌が多くなったり、室内と室外との温度差や紫外線のダメージなどが原因で、お肌のターンオーバーが乱れがちになり、ニキビができやすい季節といえます。
新しいニキビができたり、できたニキビが治りにくなったりすることもありますが、もしそんな状態になったとしてもあわてずにスペシャルスキンケアで対処しましょう。

対策1.保湿と抗炎症のスペシャルスキンケア

ニキビ

夏は高温多湿になるのでお顔がベタつくこともありますが、夏ニキビを予防するにはお肌がベタつくからといって洗顔しすぎのはお肌の乾燥につながることがあるのでNGです。
また、潤い補給の化粧水だけのスキンケアもNG、化粧水で潤いを補給した後はクリームなどで潤いを閉じ込めることが大切になります。
ニキビのケア徹底して保湿をするとともに、炎症を抑えるためにビタミンCを使ったお手入れを継続して行うことが効果的です。
ビタミンCは、抗酸化作用があるため炎症を抑え、皮脂を抑制刷る働きがあります。
さらに、美白作用によってニキビ後の色素沈着の改善も期待できるすぐれものです。

対策2.お肌に優しいUV対策を

UV対策

夏の季節にはUVケアは欠かせません。
しかし、日焼け止めクリームの中には、ニキビ肌に対して刺激が強いものもあるので、選ぶときには注意が必要です。
低刺激のものや洗顔料だけで落とせるものを選びましょう。
また、紫外線についてもよく理解して、自分にあった日焼け止めを使うことが大切です。

対策3.食事でニキビケア

低インスリン食品

ニキビができる原因には、血糖値を上げやすい食事をしているということもあります。
白砂糖や小麦粉などの食品は血糖値を上げやすく、これらを多く含んでいるパンや麺類、ケーキ、お菓子、ジュースなどは、ニキビができる原因になることも・・・。
急上昇した血糖値を下げるために分泌されるインスリンが、皮脂を過剰に生成してしまいます。
ニキビを抑えるには、血糖値を上げにくい低インスリン食品がおすすめです。
低インスリン食品の代表的なものには、肉類、魚類、大豆製品、玄米、そば、全粒穀のパン、アボガド、キウイ、レタスなどがあります。
また、他の食品のGI(食後の血糖値の上昇を表す指標)値を下げる効果があるといわれる食物繊維、乳製品、豆類、酢などを一緒に摂るとより良いです。

Cタイプの項目が多い人

Cタイプにチェックが多い人は、日焼けによる肌トラブルになりやすい傾向にあります。
夏は、一年のうちで最も紫外線の量が多い季節です。
自分ではUVケアをしっかりやっているつもりでも、気が付かないうちに日焼けをしたり、日焼け止めクリームの塗り直しを忘れて焼けてしまうこともありますよね。
そんな「うっかり日焼け」の原因と対処法を紹介します。

対策1.屋内でも紫外線対策

窓辺の紫外線対策

「家の中だから紫外線対策をする必要はないでしょう!」と思っていませんか?
実は部屋の中にいても日が当たる窓の近くでは、外で浴びる約80%の紫外線が入ってくるといわれています。
なので、家の中で過ごすときも忘れずに紫外線対策をすることが大切です。
室内でのUV対策には次のようなものがあります。

  • 日焼け止めクリームを塗る(SPF15 ~30 、PA値++程度のもの)
    (SOFとは、主にUV-Bの防止効果を表す目安の数値、PA値とは、UVAを防ぐ効果を表す目安)
  • UVカット機能があるカーテンを使う
  • 黒色や紺色の部屋着を着用する

対策2.曇りの日にもしっかりUV対策

日光と雲

快晴の日に浴びる紫外線量を100%とすると、薄曇りでは約80~90%、曇りの場合は約60%、雨の日でも約30%の紫外線量を浴びてしまうといわれています。
また、雲の間から日光がさしたときには、雲からの散乱光の影響で快晴のときよりも多い紫外線量が観測されることもあるそうなので、注意が必要です。
厚い雲に覆われた雨の日以外は、晴天の日と同じ紫外線対策をするのがいいでしょう。

対策3.保湿の前にクールダウン

クールダウン

日焼けは、紫外線を浴びて皮膚が赤く炎症を起こすことで、皮膚が黒くなるのはこのとき生成されたメラニン色素が皮膚内に沈着するからなんです。
日焼けは「火傷」と同じような症状で、顔が火照るほどの日焼けをしたときは、お肌の温度を下げて鎮静させることが大切です。
洗顔をした後に冷たい水で濡らしたタオル顔に当てて冷やすのがいいでしょう。
火照りが収まったら保湿力の高いお肌に優しい化粧水を少しなじませてみます。
痛みやヒリヒリ感がなかったら、タップリの化粧水をお肌になじませます。
潤いを補給した後は、水分をにがさないよう、クリームなどでしっかり蓋をすることが重要です。

Dタイプの項目が多い人

Dタイプにチェックが多い人は、夏ぐすみによる肌トラブルになりやすい傾向にあります。
夏バテが顔に現れるのは、どんよりと曇ったくすみが原因になっていると思われます。
一言でくすみといってもその原因は、強い紫外線、エアコンなどによる乾燥、血行不良などさまざまです。
また、症状もそれぞれ違うので、それぞれのくすみのタイプとお手入れ方法について紹介しましょう。

対策1.メラニンによるくすみ

メラニンくすみ対策

 

強い紫外線を浴びる夏は、お肌の中でメラニンが大量に生成されまいます。
この作られたメラニンがうまく排出されないと皮膚に残り、色素沈着してお肌がくすむでしまいます。
茶色っぽくくすんでいるのは、メラニンくすみの可能性が大です。
メラニンくすみの対策は、UVケアを怠らないことに加え、摩擦による色素沈着を防ぐことが大切になります。
そのためには、こするような洗顔や過度のマッサージを控えるようにしましょう。

対策2.乾燥によるくすみ

乾燥によるくすみ

 

 

薄くグレーがかったようなくすみの場合は、エアコンなどによる乾燥が原因の可能性があります。
エアコンを控えめにしたり、加湿器を使うなどの対策をとりましょう。
また、Aタイプの項目が多い人の項で紹介した対策法も取り入れてみてください。

対策3.血行不良によるくすみ

くすみを苦にする女性

血行不良になると、お肌に十分な栄養が行き届かなかったり、ターンオーバーが乱れたりします。
そうなると、老廃物が滞り顔色が悪くどんよりしたくすみが目立つようになってしまいます。
血行不良によるくすみの対策としては、シャワーだけでなく浴槽に浸かって体を温めたり、適度な運動をしたり、マッサージをするなどで血行を促し、体の中に滞った老廃物を流れるようにすることが重要です。
また、夏には体を冷やす食事を摂ることが多くなりますが、血行を良くするためには体を温める食材を摂ることも効果的な方法になります。

まとめ

ここまで、美肌を守るためのスキンケアとして夏の肌チェックで過酷環境から美肌を守ることについて説明してきました。

体だけでなくお肌にも夏バテがあって、それが原因で肌トラブルになることもあります。

お肌の夏バテで起こる肌トラブルは、

  • エアコンなどによる乾燥
  • 夏ニキビ
  • 日焼けによるくすみ
  • 夏ぐすみ

などがあります。

夏は、お肌にとって過酷な時期なので、肌トラブルにならないために普段から念入りなスキンケアをすることが大事です。

ぜひ、このページを参考にして、肌トラブルなしに夏をのりきってください。

なお、紫外線についてはこちらのページで少し詳しく紹介してますのでご覧になってください。
[surfing_other_article id=”356″]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました