シミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノンとシミの原因について!

シミ

こんにちは、毎日美肌ケア頑張っていますか?
肌美人屋ブログ担当のアイリーです。

今回は、シミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノンについてのお話です。

 

カガミでお顔のシミを見て「若いときには、こんなシミなかったのにねぇ?」と思ったことはありませんか?
そうですよね、若い人でお顔にシミができている人って、そうはいませんよね。
年齢もそれなりだから、シミがあってもしょうがないか!」なんていわないで、シミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノンが配合されている製品を使用してシミの改善をすることをおすすめします。

ここでは、シミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノンとシミの原因について紹介します。

シミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノン!

シミに効果がある成分として最近注目されているのがハイドロキノンです。

美白成分ハイドロキノンの効果と作用

ハイドロキノンは、アメリカで早くから医薬品やスキンケア製品に配合されている美白成分で、最近になって日本でも一般的に広く使用されるようになってきました。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、シミやそばかすなどを薄くする効果や色素沈着などを予防する効果があるとされる美白成分で、イチゴやブルーベリー、コヒーなどに含まれる天然成分です。

これまで日本においては、その効果・効能が高いことから医師の管理のもとで、医薬品としてのみ使用が許可されていました。
しかし、2001年に規制が緩和され、使用できる原料の幅が広がり、ハイドロキノンもスキンケア製品に配合できる美白成分となりました。
日本では、一般的に1~5%の濃度のハイドロキノン製品が流通していますが、それ以上のものについては、医師の処方箋が必要となります。
それだけデリケートな成分ですので、濃度やお肌への影響などを含めて、注意して使用する必要があります

ハイドロキノンは、以前からスキンケア製品に配合されている美白成分に比べ、その美白効果が10~100倍ともいわれています。
また大きな特徴は、還元作用(元に戻す機能)があるということです。
そのため、シミの予防だけでなく、すでにできてしまったシミや色素沈着への効果も期待できるといわれます。
ハイドロキノンが、できたシミに効果があるといわれるのはこのためなのです。

ハイドロキノンが美白に最適な理由

ハイドロキノンはシミに対してどんな効果があるのでしょうか?
(メラニンの生成については、「シミの原因?」の項を御覧ください。)

  1. チロシナーゼの働きを抑える
    メラニンになる前のチロシンが、チロシナーゼによって酸化することでメラニンに変化します。
    チロシナーゼが活性化しなければチロシンがメラニンに変化することもありません。
    ハイドロキノンは、チロシナーゼよりも先にチロシンと結合し、チロシナーゼが酸化する機能を無効にしてくれるので、シミの原因になるメラニンそのものが作られるのを防いでくれます
  2. メラノサイトを減少させる
    紫外線を浴びれば浴びるほど、真皮内でメラノサイトを増殖させる指令をだします。
    また年齢を重ねるほど、メラノサイトが多い傾向にあり、加齢とともにシミが多くなるということにつながっています。
    ハイドロキノンは、メラニンの母体となるメラノサイトを減少させる機能を持っていてメラニンが作られる活動を弱めてくれるという働きをしてくれます。
    その働きにより、新しいシミを作らせないようにするということです。
  3. 還元作用
    還元作用とは、元に戻す働きのことですが、ハイドロキノンは生成されてしまったメラニンを還元する機能があります。
    紫外線を浴びて酸化することで黒く、濃くなったメラニンをハイドロキノン還元することでメラニンの色を淡色化させるので、できてしまったシミにも働きかけ、目立たなくしてくれるのです

このようにハイドロキノンは、シミに対する3つの機能があることで、シミができるのを予防する働きと、できてしまったシミの改善の2つのシミへのアプローチができます。

 

シミの種類とハイドロキノンで改善できるシミ

シミの種類には、ハイドロキノンで改善しやすいシミと改善しにくいシミがあります。
いくつかあるシミの種類について紹介しましょう。

ハイドロキノンで改善しやすいシミ

  • 老人性色素斑:多くのシミがこのタイプのです。紫外線のダメージでメラニンが過剰に作られることが原因のシミ。
  • 肝斑:両方の頬や額などで左右対称に広がるシミで、丸く広がる形が特徴です。30~50代ででき始めることがことが多く、女性ホルモンの活性化やストレス、生活習慣の乱れが原因といわれています。
  • 炎症性色素沈着:お肌の炎症後に生じる褐色のシミをいい、ニキビ跡やかぶれ跡がこれになります。
  • そばかす:直径数ミリ程度の小さく薄い反転で、鼻を中心に頬骨あたりの広範囲に散らばっているもの。子供の頃から見られ、家族にもそばかすがある人がいること多い。

ハイドロキノンで改善しにくいシミ

  • 脂漏性角化症:イボのように隆起したシミで、ほくろとは違い表面がザラザラ・ガサガサしています。
  • 太田母斑:真皮性のシミで、主に目の周りを中心に現れる青色から黒みがかった小さな斑点です。
  • その他:クマやホクロ、アザなど

シミの種類とハイドロキノンで改善が期待できるシミについて紹介しました。

ハイドロキノンは、できてしまったシミの改善に効果が期待できますが、医薬品として扱われてきた期間が長いだけに、その扱いも非常に繊細なので注意が必要です。

知っておきたいハイドロキノンの作用

シミのケアに効果的なハイドロキノンですが、その扱いは非常に繊細です。
ハイドロキノンの作用として次の3つがあります。

  1. 赤み:ハイドロキノンを使用していると、メラニンの色が薄くなって血色が良くなり、お肌が赤みを帯びて見えることがあります。
    これは、お肌の透明感がまして血色が透けて見えるからと考えられています。配合濃度によって違ってきますが、使いはじめて24時間以内、または3~5日経ってから赤みがでることがあります。
    このような場合は、いったん使用を中止し、炎症がひどい場合は皮膚科などの医療機関を受診するようにしてください。
  2. かゆみ・炎症:ハイドロキノンを塗布した箇所に赤みがでた上に、ピリピリとしたかゆみを感じたり、お肌の炎症がおきたりする場合があります。
    このような場合は、いったん使用を中止して医療機関を受診することをおすすめします。
  3. 白斑:白斑とは、お肌がメラニンを生成する機能を失ってしまったことをいいます。
    症状としては、皮膚の色が白く抜けてしまいます。
    スキンケア製品に配合されている程度の濃度の製品を一般的な使い方をしている限りは、白斑が起きることはないだろうといわれていますが、もし白斑が現れてしまったときは、すぐに使用をやめて医療機関を受診してください。

この他にも、ハイドロキノンを使用することで、シミやくすみの悪化するというトラブルがおきてしまう可能性があります。
そもそもメラニンが生成されるのは、紫外線などの刺激からお肌を守るためのもので、正常なターンオーバーのもとで、適量のメラニンが作られている場合は必要な成分といえます。

そんな中で、ハイドロキノンがメラニンの生成を抑えてしまうために、メラニンの量が少なくなり、紫外線の刺激を受けやすい状態になってしまいます
なので、ハイドロキノンを使用した場合は、十分すぎるほどの紫外線対策をすることが望ましいです

ハイドロキノン製品を使うときの注意点

 

ハイドロキノンは美白効果が高い成分ですが、その分お肌への刺激が強く、使用する際には注意が必要です。

パッチテストを行う

ハイドロキノンは刺激が強い成分ですので、ハイドロキノン製品を使用する前には、必ずパッチテストで適合を調べてください。

パッチテスト

  1. 二の腕の内側などに、ハイドロキノンの製品を塗った絆創膏を貼ります。
  2. 24時間後にかゆみや赤みがでていないかお肌の状態をチェックします。
    かゆみや赤みがでた場合は、濃度が高すぎる場合やアレルギーの可能性があるので、続けて使用したい場合は、皮膚科などの医療機関で相談することをおすすめします。
  3. 不安がある場合は、さらに24時間貼り続けてお肌のようすを見るのがいいでしょう。

洗顔後はお肌の状態を整えてから

洗顔をした直後のお肌状態は、成分が浸透しやすくなっているので、ハイドロキノンの刺激を直接的に受けてしまいます。
洗顔後は、化粧水などでお肌の状態を整えてから使用するようにしましょう。

お肌の状態と相談

体調不良や生理前などで、お肌の抵抗力が弱くなっているときは、ハイドロキノンの使用を控えるほうがいい場合があります。
普段からお肌の状態をチェックして、ハイドロキノン製品を使うときは、お肌の状態と相談しながら使用するようにしましょう。

使用期限を守る

ハイドロキノン製品は非常に酸化しやすいということがあります。
開封後は冷暗場所で保管し、1ヶ月以内または説明書に書いてある期間で使い切ることが望まれます。

ハイドロキノン製品の選び方

ハイドロキノンが配合されているスキンケア製品は、たくさん市販されています。
そんな中で、ハイドロキノン製品を選ぶポイントとしては次のようなことが挙げられます。

配合濃度別ハイドロキノン製品の選び方

ハイドロキノン濃度 日常のケア 肌への刺激 入手方法
1~3% 紫外線対策 比較的少ない 市販・皮膚科
4~5% 紫外線対策・保湿 刺激を感じる場合はある 市販・皮膚科
6%以上 医師の指示に従う 副作用の可能性にも注意 皮膚科

シミは人それぞれ違いがあるので、自分の目的に合ったハイドロキノン製品を選ぶことが大切になります。

安全性を重視して選ぶ

安全性を重視して選びたい人には、ハイドロキノンの配合濃度が1~3%の製品がおすすめです。
アメリカでは、2%以上は医師の管理下での使用ということを考えると、2%未満の製品がより安全性が高いといえます。
中には、2%未満の配合率でありながら、浸透率を上げることでお肌への効果を高めているハイドロキノンクリームもあるようです。
そのような浸透率に着目してスキンケア製品を選ぶことも一つのポイントといえるでしょう。

即効性で選ぶ

「すぐにでもシミをなんとかしたい!」という人には、配合濃度が4~5%のハイドロキノン製品も選択肢の一つです。
ただし濃度が高い製品は、お肌に与える刺激の強さにも注意する必要があります
パッチテストはもちろんのことですが、お肌の状態のチェックや紫外線対策もしっかり行った上で使用するようにしてください。

※シミや色素沈着で深刻に悩んでいて、さらに高濃度のハイドロキノン製品を試したいという方は、皮膚科などの医師に相談しながら使用するようにしてください

ここまでシミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノンについて紹介しましたが、ここからシミの原因について説明していきます。

シミの原因は?

年齢を重ねると、どうしてシミが目立つようになってくるのでしょうか?

シミの元はメラニン

シミの元になるのは、皮膚の内部で作られるメラニンです。
ご存知のように、メラニンは黒あるいは褐色の色をしていて、もともと皮膚内にあるもので、皮膚内のメラニンの量が多いとお肌が浅黒く見えます。

メラニンが生成されるメカニズム

  1. 紫外線こすれなどによる刺激を受けると、自らを守ろうとして活性酸素を発生。
  2. 活性酸素は、メラノサイトという細胞にメラニンを作れという命令を送る。
  3. 生成されたメラニンが皮膚の表面まで運ばれる。
  4. 運ばれたメラニンが肌表面で黒ずんで見える

作られたメラニンが代謝しきれずに皮膚に残ってしまうとシミになってしまうのです。

紫外線とは

メラニンが生成される原因は紫外線や摩擦などですが、特に注必要なのが、紫外線です。

紫外線のメリットとデメリット

紫外線は太陽の光の一種で、身体に必要なビタミンDを作ってくれたり、洗濯物やお布団などの乾燥や殺菌をしてくれるというメリットがあります。
その一方で、日焼けを引き起こしたり、お肌にダメージを与えてお肌を老化(シミやしわ)させたりというデメリットもあります。

それではいったい、紫外線はお肌にどんなダメージを与えるのでしょうか?
紫外線について少し詳しく説明していきましょう。

紫外線の種類と特徴

紫外線には、波長の長いものからUV-A、UV-B、UV-Cという波長の違う3つの種類があります。
しかしUV-Cは、地球の大気層(オゾンなど)で吸収され、地表までは到達しないので、人体への影響はないといわれています。

  • UV-Aは、物質を透過しやすく、雲やガラスなどの影響を受けにくく、家の中にいるときでもお肌にダメージを与えます。
  • UV-Bは、大気層(オゾンなど)で吸収されますが、一部は地表まで到達して、日焼けなどお肌にダメージを与えます。

紫外線が肌に与えるダメージ

紫外線がお肌に与えるダメージはさまざまです。
対策をとるためには、紫外線が肌に与えるダメージについて詳しく知る必要があります。

紫外線は、波長によって人体に及ぼす影響が違います。

  • 波長の長いUV-Aは、皮膚の真皮まで届き、お肌のハリや弾力を失わせる光老化(しわ、たるみ)を引き起こします。
  • 波長の短いUV-Bは、皮膚の表皮まで届き、日焼けやシミ、そばかすなどを引き起こします。

一見、日焼けなどの影響を与えるUV-Bのほうがお肌へのダメージが大きいと思われがちですが、紫外線は波長が長いほど皮膚の奥深いところまで入り込んで、お肌へダメージを与えます。

このように紫外線は、皮膚の奥まで入り込んで、コラーゲンやエラスチンといわれるお肌のハリや弾力を保つ成分を変性させ、しわやたるみなどのお肌の老化を進めてしまうのです。

紫外線以外のシミの原因

紫外線以外にもシミができる原因はあります。

  • こすれなどの摩擦:毎日の洗顔のときにゴシゴシ洗ったり、洗ったあとにタオルで強くく拭き取ったりすると、刺激を受けた皮膚の中でメラニンが作られてしまいます。それだけでなく、お肌が傷ついてしまうこともあるので、注意が必要です。
  • トレス:ストレスを感じると身体の中で活性酸素が発生して、もともと体内にある抗酸化物質を消費してしまいます。抗酸化物質が減少すると、メラニンの生成を防いだりメラニンを排出する機能が低下して、シミができやすくなります。
  • 生活習慣の乱れ:シミを防ぐためにはお肌が健康であることが大切です。そのためには健康な体を保つことが大事になります。睡眠不足や暴飲暴食など生活習慣が乱れると、健康な体を保つことができなくなり、シミができにくい健康なお肌を保つことができなくなります。

シミの予防は紫外線対策とターンオーバー!

シミの元になるメラニンが作られる原因は、紫外線の影響が大きということがわかりました。
そこで、お顔のシミを予防するためには紫外線対策をすることが重要になります。

紫外線対策でシミの予防

紫外線は、季節や天候に関係なく一年中降り注いでいます。
天気の良い晴れの日はもちろんですが、曇りの日でも晴れの日のほぼ50%、雨の日でも30%以上の紫外線の量があるので、天候に関係なくUVケアをする必要があります。
また、UV-Aについては、ガラスやカーテンなどを透過して家の中にも入り込んでくるので、室内いるときもUVケアをすることが、美肌を守るための第一歩になります。

もう一つ紫外線対策で大切なことがあります。
それは保湿です。
そもそもお肌には外からの刺激から守るためのバリア機能というものがあるのですが、乾燥したお肌ではバリア機能が低下してしまい、皮膚の奥まで紫外線のダメージを受けいやすい状態になってしまいます。
なので、普段から保湿ケアをしっかり行うことが大切です。

正常なターンオーバーがシミの予防と改善を

シミは紫外線などの刺激によって皮膚内で作られたメラニンが、新陳代謝であるターンオーバーで排出されずに、皮膚内に残って色素沈着してしまったものです。

ターンオーバーとは

ターンオーバーというのは、皮膚の表皮の一番奥にある基底層というところで、新しい細胞が生まれ、約28日間かけて皮膚の表面まで移動して、最後は垢となって皮膚から剥がれ落ちるという、新陳代謝のことです。

普段生成されているメラニンは、このターンオーバーによって皮膚の外へ排出されるために、皮膚に残ってシミになるということはありません。
しかし、長時間紫外線を浴び続けたり、強い紫外線を浴びたりすると、メラニンが過剰に生成され、ターンオーバーによる排出が間に合わなくなってしまいます。
そうやって残ったメラニンが色素沈着を起こしてシミになってしまうのです。
また、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどが原因で、ターンオーバーの周期が乱れて遅くなってしまうことがあります。
ターンオーバーの周期が遅くなれ、ばその分メラニンを排出する量も減って、結果的にメラニンが色素沈着を起こしてシミができてしまいます。

ターンオーバーを正常に保つことが、シミの予防や改善につながるで、ストレスを受けないようにしたり、食生活に気をつける、規則正しい生活をするなどのことを心がけ、元気なお肌を保つことが重要になります

 

まとめ

 

ここまでシミの改善に効果的な美白成分ハイドロキノンとシミの原因について紹介してきました。

大事なことについて振り返ってみると、
シミの改善に効果的なハイドロキノンは、非常に繊細な成分なので、その使用には注意が必要だということと、高濃度配合されている製品については、皮膚科などの医師に指導を受けてから使用することがおすすめということです。

ハイドロキノン配合の美白製品は、シミの改善に高い効果が期待できるのでおすすめです。
使用に注意をした上で、ぜひハイドロキノン配合の美白製品でシミの改善をしてください

☆☆☆あなたのシミをなかったことにできるかも知れませんよ!☆☆☆

 

シミの原因は、紫外線などの刺激に対して皮膚の中で作られたメラニンです。
また紫外線以外にもシミの原因があって、こすれなどによる刺激やストレス、生活習慣の乱れなどが原因になります。

シミの予防や改善のためには、普段から規則正しい生活をすることや偏った食生活にならないようを心がけ、健康な体やお肌を作ることが大切です。

シミの予防には、十分な紫外線対策をすることやターンオーバーを正常に保つことで、メラニンの生成を抑えることとメラニンが皮膚の外へ排出されるることを促すことが大事なことです。

正常なターンオーバーを保つためには、毎日のスキンケも重要になるので、正しいスキンケアをするようにしましょう。

正しいスキンケアの方法やスキンケアの基本について興味をお持の方は、

スキンケアの基本はお手入れの順番を守ること!

をご覧になってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました